2017年 10月 03日 ( 1 )

k-ship文化祭 vol.7

c0212336_19030215.jpg

革もの工房tickleさんの個展

今日も遠方から...、ご近所さん、常連さん

たくさんの方に見ていただき

気にいっていただき、嬉しい時間でした。

写真の箱は

tickleさんが作られたもの。

かっこいいんですよー。

見てくださいね。


k-ship文化祭まで一週間をきりました。

実感ございませんが

ワクワクはしてきております。

では

参加者のご紹介を




macokuma (和菓子)

今年も和菓子屋さんできますよー。

一回目からのお楽しみ....。どら焼きから始まったんだなー。

毎年、内容が変わり、どれも美味しくて...。

macokumaさんはシロクマをモチーフにして

様々な作品をつくられます。

どの作品にもしっかり向き合い、責任もって...

意識の高さを感じ、でも、本人は軽やかでさらり....。

そのすべては愛なんです。今年の和菓子も楽しみだー。





nest (革もの)

nestさん...聞いただけで笑みがこぼれる。

彼の言葉のチョイス、文章力、センス

一度、読めば虜になります。

また、あほなことゆうて...なんだけれど

仕事はきっちり、まじめな彼。今は奥様が一緒に工房に入られて

お仕事されていて、掛け合い漫才な仕事場なのかなーって

想像したり...。奥様のセンスがまた楽しい。

チャーリングという作品ができたときは驚いた。

なるほど!!こりゃ、便利ってのをつくられます。

今年はふたりでせっせと色々つくられたようで、どんだけー...と楽しみにしています。




cent(紙モノ+)

サンといいます。フランス語です。

100を意味します。-happyな100のことーを

キャッチコピーに道明寺手づくりの市に出展しようと

生まれました。私と私のパソコンの先生mikiさんのユニット。

文化祭では懐紙、ポストカードの紙モノと

先日、お知らせした洋酒ケーキをうふふなラッピングでお届けいたします。

お楽しみに....。







[PR]
by k-ship104 | 2017-10-03 19:02 | k-ship文化祭 | Comments(0)